Nipron Nipron Login Nipron Globalpage
Home購入先スイッチング電源に関するサポート窓口スイッチング電源メーカーニプロン 企業情報
製品情報電源事典

電源事典

2-1 コンピュータ用電源とは?

コンピュータ用の電源は、通常家庭に配電されているコンセントからの電気(AC)をコンピュータの内部で使う直流(DC)の3.3V, 5V,12V,-5V,-12Vといった電圧に変換する働きを持ちます。(図2.1)

コンピュータ電源の動き

図2.1  コンピュータ電源の動き

ここで、コンピュータ電源の"仕事"を 図2.2 を参考に復習してみましょう。

コンピュータ電源の基本的な仕事は
コンピュータ電源にAC(交流)が入力
整流ブリッジが整流し、1次側(AC側)の電解コンデンサが平滑化
スイッチング素子がスイッチングすること
   (電気のON /OFFを繰り返すこと)によって降圧
高周波トランスを介して2次側(DC側)にエネルギーを伝達
2次側のダイオードで整流
2次側の電解コンデンサが平滑化し、DC(直流)出力を供給します。これだけの仕事を経て、初めて各機器に電力供給されます。また、過電流からの保護、ノイズ対策、冷却なども電源の仕事となります。

PC電源の仕組み

図2.2  PC電源の仕組み

プライバシーポリシー 情報セキュリティーポリシー サイトマップ
Copyright (c) Nipron Corporation. All Rights Reserved.